NEWS新着情報

新着情報

2020/07/27 NEWSRECRUIT

【オープン社内報】未来の自分と組織を成長させるために、今日から意識すべきことー毎週月曜のメッセージ ソリューション事業本部 推進部 部長 間藤ー

ソリューション事業本部 推進部 部長の間藤です。毎週月曜に役員が持ち回りで社員向けに発信しているメッセージをオープン社内報としてシェアします。

今回はCoreValueの「個と組織成長にフルコミット」に関する話をしたいと思います。
普段、業務を進める中で「コミット」という言葉は、「数字」や「成果」「実績」に対するコミットメントを意識することが強いように思います。そのため、「成長」にコミットするという観点で考える機会が少ないのではないでしょうか。

成果と成長は連動します。なぜなら、成長の先に成果があるからです。日々の個人の成長にコミットできる人は、おのずと成果にも結びついているように思います。

特にその中でも、個人の成長だけでなく組織の成長までを意識し、行動のベースになっている人は、より成果が著しい傾向にあります。

この関係性を図式化してみました。

この図の中で私が特に重要だと思うのは、仕組み化・テンプレ化です。日々の業務を「ルーティン」「誰でもできる」ようにすることができれば、あらゆる好循環を生み出せるようになります。

仕組み化・テンプレ化することで、業務の生産性が向上、品質の底上げ
につながり、利益・収益の増加につながります。安定的に利益・収益を確保できれば、時間の余裕を持てるようになり、より上段の戦略設計を行う時間を確保できるようになります。組織の中に良い循環が生まれていきます。

また、組織が利益・収益を確保できるということは、個人の生活の安定につながります。すると、自己分析や目標設定に時間を割くことができ、日々の業務に目的意識を持って取り組むことができるようになります。目的が明確になると、能力向上のためのインプット・アウトプットをおのずと行うようになるという、個人にとっての良い循環も生まれます。

加えて、能力向上のためのインプットは、組織の利益とプレゼンスを高めるための施策・戦略立案にもつながっていき、組織と個人、それぞれの良い循環がつながって大きな好循環を生み出していきます。

この好循環を生み出すためには、日々の業務の仕組み化・テンプレ化が必須になります。
ここに着手しない限り、個と組織成長は生まれないと思っています。

あらためて、みなさんには日々の業務をいかに効率的に進めるか、組織として改善できる点はないか考えてもらいたいです。
個人の成長と組織の成長を相互に結び付けて考える必要があります。
個と組織について分析をして、戦略を立て、施策を実行していく良い成長の循環をを創っていきたいと思います。

それでは今週もよろしくお願いします。