NEWS新着情報

新着情報

2020/03/03 NEWSRECRUIT

社員の心が熱くなる!3カ月に1度の全社ミーティング「CINC QshareMtg」のいいところ!

 

みなさん、こんにちは。人事広報グループのYuina.Wです。

CINCでは、3カ月に1度開催される「Quarter Share Meeting(以下、QshareMtg)」という全社ミーティングがあります。各Quarterの全社、各部門の取り組み、進捗、次のQuarterの方針を共有し、該当期間に入社した社員を紹介するなど、全社で濃い情報共有をする場となっています。

今回はそんなCINCのQshareMtgを実施していて感じるメリットを3点ご紹介します。

 

QshareMtgの主なプログラム

基本は下記の流れで全社~各部門の順に部門長が報告を行います。後半には、該当期間内に新たに入社した社員の紹介、社内の有志で組織されるBSP(Baby Step Project)の活動報告などが実施されます。

 

QshareMtgのGOODポイント

①会社と自分の未来に思いを馳せる

冒頭の全社実績では、会社全体が目標に対してどれほど進捗しているかを確認します。業績は数字で確認することができますが、その数字や数字の推移がもつ意味は、見る人によって多様に解釈することができます。全社員が代表の石松から、直接説明を受けることにより、齟齬なく会社の状況を認識することができます。

売上の増加は、CINCがお客様に提供できる価値が大きくなっていることを示します。回を重ねるごとに、社員数が増えて窮屈になる会場は、組織の着実な成長を感じさせます。

CINCはこれからも成長していきます。CINCがサービスの提供範囲を広げ、提供価値を上げるほど、お客様からの期待値もどんどん上がっていきます。その中で、常に「そうきたか。」と言っていただける驚きと感動を提供するために、社員一人一人が今以上に力をつけ、プロフェッショナル集団を形成していかなくてはなりません。

「会社の成長スピードに自分は追いついているか。むしろ追い越すにはどうすべきか。」

「次のQshareMtgを迎える時にどうなっていたいか。そのために次の3カ月で何をするか。」

自然とそんなことを考えさせられる機会です。

また、終盤の「代表メッセージ」では毎回、CINCのビジョン、ミッション、それらと事業との結びつきを確認します。CINCでは、CI(※)と、各自のビジョンを重ねて事業を推進していくことを大切にしています。社員は入社前からこの話を聞く機会がありますが、定期的に繰り返すことに意義があると感じます。

多くの社員がビジョンに共感し、「CINCなら自分の夢を叶えられる」と思って入社してきます。しかし、入社から日が経つと、どうしても目の前の業務で頭がいっぱいになってしまうことがあります。

そんな時、こうしてCIを確認し、CINCの目指す未来、存在意義、本来の事業の目的に立ち返り、「なぜ自身が、何のためにこの業務に向き合うのか」を自問することで、初心を思い出し、気持ちをあらたに業務に取り組むことができます。

QshareMtgを開催した日の社員の日報には、

「会社の事をより理解できて、好きになった。」

「〇〇を実現するために頑張ります!」

といった前向きなコメントが数多く寄せられます。

※コーポレートアイデンディティ:ビジョン、ミッション、事業、CoreValueから成る会社の価値観や性格。

 

②各部門の詳細がわかる

各部門の報告では、普段、業務で直接の関わりが少ない他部門がどのような目標を掲げ、何をしているのかを具体的に知ることができます。これにより、会社全体の成長が具体的にどんな取り組みによって成り立っているかを理解することができます。

各部門の組織構成、各メンバーの役割…小さな組織でもそこまで詳細にお互いを知る機会はそう多くないと思います。CINCは、セクショナリズムをつくらず「全社目線」を大切にする組織です。こうした部署の垣根を越えて相互理解を深めることは、組織が大きくなっても継承していきたいカルチャーです。

ちなみに、各部門の報告は、部門長が担当するのですが、

・各部門長が熱を込めて事業やチームについて語るライブ感

・全社員が真剣な表情で聞き入る場面もあれば、笑いに包まれる場面もある一体感

と言った魅力もあり、部門や部門長ごとのカラーが感じられるのはひとつのエンターテイメントと言えるかもしれません。

 

③メンバーの頑張りをみんなで称え、切磋琢磨する

各部門の報告の中には「ナイスバリュー」というパートがあります。

定量的な成果に加え、成果創出に貢献したメンバーのエピソードがバイネームで紹介されます。各部門長ごとに工夫を凝らした(?)紹介方法が好評です。

「〇〇さん、ありがとうございます!拍手、お願いします!」

という掛け声とともに、はちきれんばかりの拍手が会場に溢れます。

普段はなかなか見えにくい具体的な業務内容や頑張りが紹介されるので、本人にとっては誇らしく励みになります。そして他のメンバーにとっても、仲間の頑張りを自分のことのように喜び、称えると同時に、よきライバルの活躍にモチベーションが高まります。会場に溢れる前向きなエネルギーと一体感は、QshareMtgの楽しみのひとつです。

 

CINCにとってQshareMtgは、単なる情報共有会ではなく、社員一人一人の気持ちをぐっと引き上げ、社員の心を一つにする力があります。

CINCは「マーケティングソリューションで日本を代表する会社を創る」というビジョンを、全社一丸となって実現しようとしています。

そんなCINCで、仲間と切磋琢磨しながら日本を代表する会社を創ってくださる方を募集しています。

募集の詳細はこちらからご覧いただけます。

みなさんのご応募をお待ちしております。